f556fd3fe7134a
ラインモバイルの「MUSIC+プラン」を申し込むと、ラインミュージックがカウントフリーでデータ量を気にせず聞き放題になります。私も、5月からMUSIC+プランにプラン変更してみました。

今回は、LINE MUSICをカウントフリーで1週間使ってみた感想やメリット・デメリットについてまとめていきたいと思います。参考にしてみてください!


公式ホームページ:LINEモバイル


 
 目次
  1. MUSIC+(ミュージックプラス)プランでは、Lineミュージックが聞き放題!
    1. プラン「MUSIC+」ではLineミュージックのデータ量が換算されない
    2. もちろん主要SNSのデータ量も換算されない!
    3. 「ミュージック+」の料金はいくら??
  2. Lineミュージックについて
    1. Lineミュージックを申し込むと料金はいくら??
    2. 「ミュージック+」プランと「Lineミュージック」での料金の合計
  3. ラインミュージックのメリット・デメリット
  4. Lineミュージックカウントフリー対象
  5. Lineミュージックを1週間使ってみた感想

☑MUSIC+(ミュージックプラス)プランでは、Lineミュージックが聞き放題!

プラン「MUSIC+」ではLineミュージックのデータ量が換算されない

無題

ラインモバイルのプランの1つ、「MUSIC+」では、Lineミュージックがカウントフリーで聞き放題になります。通信料の心配がありません。

通勤や通学時に毎日のように音楽を聴く人、BGMをずっとかけている人には、このプランが超おすすめのです。音楽をよく聞く人にとって、ラインモバイルの「MUSIC+」はオススメです!


もちろん主要SNSのデータ量も換算されない!


主要SNSとは、Twitter、Facebook、Instagram、LINEのことです。これらのSNSが実質つかいほうだいになります。

通信料を気にせず、使うことができるのでパケット代の節約にもつながります。



このようにSNSをよく使う方にとっては、データ量を気にせずに、ずっと使うことができます。ただし、カウントフリーになる対象には決まりがあります。カウントフリー対象範囲については以下を参考にしてみてください。

【関連記事】カウントフリーはうそ!?LineモバイルでSNSアプリを使う時の注意点まとめ【ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ラインミュージック】


「ミュージック+」の料金はいくら??


30

Lineモバイルの「Music+」の料金については上記の通りです。

音声通話SIMの3GBでは2390円となり、10GBでも3520円になります。めちゃくちゃ安く感じませんか。


☑Lineミュージックについて

Line MUSICを申し込むと料金はいくら??


ラインミュージックについては、音楽が聞き放題になるサービスのことです。

プランについては以下の通りになります。

プレミアムプラン:月額1080円で時間無制限で聞き放題

ベーシックプラン:月額500円で20時間聞き放題

 
ベーシックプランを申し込むと、30日間で合計20時間ずっと時間無制限で音楽が聴きたい放題になります。時間を無視して、ずっと聞いていたい人は、プレミアムプランがおすすめになります。

ベーシックプランは月額は500円。プレミアムプランは、月額は1,000円(iPhoneのアプリ内決済の場合は1,080円)になります。


「ミュージック+」プランと「Line MUSIC」での料金の合計


しかし!「MUSIC+」を申し込んだからといってラインミュージックの月額料金がタダになるわけではありません。「MUSIC+」のプランをフルに発揮したいのであれば、別にラインミュージックを申し込む必要があります。

その場合の料金の例は以下の通りに記載しています。

データSIM3GBの場合

3GB 月額1,810円 月額2,390円

ここに文章を入力します。
「MUSIC+」のカウントフリー対象であるLINE MUSICの料金とは別に考えて申し込む必要があります。LINE MUSICがいらない人は、「コミュニケーションプラン」に申し込むことで月額設定が安くなります。


☑ラインミュージックのメリット・デメリット


では、Lineミュージックのメリットとデメリットを見ていきます。メリット、デメリットは以下の通りになりました。

Lineミュージックメリット
・配信されている全ての曲をスマホの容量に関係なく聴くことが出来る
・アーティスト単位、アルバム単位だけでなく豊富なプレイリストで様々な曲に出会える
・友だちと曲やプレイリストをシェアしておすすめし合える
・有料ではあるがプランが分かれているので、自分の使い方で選ぶことができる
・学生には学割が用意されているので更に安価に使える
 


Lineミュージックデメリット
・配信されていない曲を聴くことが出来ない
・LINE MUSICのアプリ上以外で聴くことが出来ない(CDなどに焼くこともNG)
・端末の容量が使われない分、データ通信量が圧迫される
・キャッシュの保存が1曲ずつなのでアルバムやプレイリストを再現するのに手間がかかる
・キャッシュ保存が増えるとそのぶん端末の容量が圧迫される
 

ラインミュージックのメリットデメリットです。
     
☑Lineミュージックカウントフリー対象


Lineミュージック内でカウントフリーになったのは以下の通りです。

カウントフリー対象
・「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」の各画面表示・ご利用 
・音楽・音声の視聴 
・オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)
 

「オフライン再生」をうまく活用すれば、データ換算が無料でLineミュージックが楽しめるというわけです。

☑Lineミュージックを1週間使ってみた感想

✔ちょっとだけ音楽を聴く人にとっては便利!

最新のJ-POPをチェックする。という人にとってはラインミュージックは便利でした。カウントフリーでチェックできるのでデータ量も気になりません。あまり音楽を聴かない人にとっては便利でしょう。


✔マニアックな曲は収録されていない

音楽通でマニアックな音楽を求めている人にとっては配信されていないこともあります。音楽をよく引く人にとってはあまり使いなれないものかもしれません。