58

Lineモバイルに契約して早4か月。カウントフリー、Lineとの連携など格安SIMでは使いやすさはナンバーワンだと思っています。特にSNSは良く使うのでカウントフリーというサービスは本当に役立ってます。

しかし、カウントフリーになるSNSにはある注意点があります。今回はカウントフリーになる際の注意点をまとめてみました。

 
  1. 「カウントフリー」はどこまでが対象なワケ??   
    1. Twitter(ツイッター)の対象範囲   
    2. Facebook(フェイスブック)の場合
    3. Instagram(インスタグラム)の場合
       
  2. 対象範囲外はどこからなワケ??
    1. Twitter(ツイッター)の場合
    2. Facebook(フェイスブック)の場合
    3. Instagram(インスタグラム)の場合

  3. Lineミュージック・ラインはどこからどこまでが対象??
    1. Line(ライン)の対象範囲
    2. LineMusic(ライン ミュージック)の対象範囲

  4. まとめると


☑「カウントフリー」はどこまでが対象なワケ??

Twitter(ツイッター)の対象範囲


・タイムライン画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
・「ホーム」「ニュース」「通知」の画面表示
・メッセージ機能のご利用
・プロフィールの編集


ツイッターのカウントフリーの対象範囲は、あくまでもツイッターが提供するサービスを利用した場合のみである。ツイートは見放題だけど、外部リンクに接続をすればその分、通信料が減り速度制限にかかる恐れがあります。

Lineモバイルのカウントフリーは「ツイッター使い放題」ではないことを肝に銘じておく必要があります。Lineモバイルを契約する前に知っておくと良いでしょう。


Facebook(フェイスブック)の場合


・タイムライン/ニュースフィード画面の表示・投稿(画像・動画含みます。)
・「リクエスト」「お知らせ」「その他」の画面表示
・プロフィールの編集
 
フェイスブックのカウントフリーの対象範囲もツイッターと同じです。あくまでもフェイスブックが提供するサービスを利用した場合のみがカウントフリーの対象と言えます。

タイムラインは見放題だけど、外部リンクに接続をすればその分、通信料が減り速度制限にかかる恐れがあります。Lineモバイルのカウントフリーは「フェイスブック使い放題」ではないことを肝に銘じておく必要があります。Lineモバイルを契約する前に知っておくと良いでしょう。

Instagram(インスタグラム)の場合


・タイムラインの画面表示・投稿(画像・動画含みます。)
・ストーリーの画面表示・投稿(画像・動画含みます。)
・検索画面での検索・検索結果表示(画像・動画含みます。)
・アクティビティの画面表示 ・ダイレクトメッセージのご利用 ・プロフィールの編集

 
インスタグラムのカウントフリーの対象範囲もツイッターやフェイスブックと同じです。あくまでもインスタグラムが提供するサービスを利用した場合のみがカウントフリーの対象と言えます。

タイムラインは見放題だけど、外部リンクに接続をすればその分、通信料が減り速度制限にかかる恐れがあります。Lineモバイルのカウントフリーは「インスタグラム使い放題」ではないことを肝に銘じておく必要があります。Lineモバイルを契約する前に知っておくと良いでしょう。

 

☑対象範囲外はどこからなワケ??

Twitter(ツイッター)の場合


・ツイッターから開いた外部URLはカウントフリーの対象外
・ツイッターが提供する生配信サービス(Periscope)はカウントフリーの対象外

あくまでもツイッターが提供するサービスのみがカウントフリーの対象のため、生配信機能であるPeriscope(ペリスコープ)はカウントフリーの対象範囲外になります。よって、生配信時は通信料をたくさん使うので別の機器に接続することをオススメします。

また、外部接続も範囲対象外です。動画サイトなど接続先によったら大幅に通信料を使う恐れがあるので充分注意する必要があります。


Facebook(フェイスブック)の場合


・フェイスブックから開いた外部URLはカウントフリーの対象外
・フェイスブックが提供する生配信サービス(Facebook LIVE)とストーリー機能は対象外
・Messengerアプリもカウントフリーの対象外 
 
あくまでもフェイスブックが提供するサービスのみがカウントフリーの対象のため、生配信機能であるFacebook LIVE(フェイスブック ライブ)はカウントフリーの対象範囲外になります。よって、生配信時は通信料をたくさん使うので別の機器に接続することをオススメします。

また、外部接続も範囲対象外です。動画サイトなど接続先によったら大幅に通信料を使う恐れがあるので充分注意する必要があります。


インスタグラムの場合


・広告からの購入画面は外部接続になるのでカウントフリーの対象外になります。

インスタグラムは基本的に外部URLに接続することがあまりできません。カウントフリーの対象外になるのは、プロフィール画面に載せてあるURLのみです。

また、広告からの外部URLもカウントフリーの対象になります。


☑Lineミュージック・ラインはどこからどこまでが対象??

Line(ライン)の対象範囲

トーク機能のご利用
・テキスト及び音声メッセージの送受信
・スタンプ、画像、動画
・その他ファイルの送受信
・無料通話、ビデオ通話


タイムライン機能のご利用
・画面閲覧、投稿(画像、動画含みます。) 


ニュース機能のご利用

・「ニュースタブ」画面の表示(画像、動画含みます。) 


その他のご利用
・スタンプ、着せ替えのダウンロード
・アカウント設定に関わるご利用
・友だち一覧画面の表示、友だち追加
・「その他」画面の表示 
ラインのカウントフリー対象範囲は基本的に全て使えます。スタンプ・着せ替え機能のダウンロードも対象範囲になっているのでうれしいですね。

ただし、外部リンクへの接続は対象範囲外になるので注意が必要です。動画などの通信料を使うものに関してはすぐに速度制限にかかってしまうことがあります。

ただし、電話機能については、Lineモバイルのカウントフリーの対象なので、無料でビデオ電話、無料通話が可能ということです。


LineMusic(ライン ミュージック)の対象範囲


・「ホーム」「カテゴリ」「検索」「マイミュージック」の各画面表示・ご利用
・音楽・音声の視聴
・オフライン再生のための音源保存(楽曲のダウンロード)
 
ラインミュージックについてもほとんどの操作が対象範囲内になっているといえます。無料で音が聞けるので十分オススメですね。


☑まとめると

まとめると、Lineモバイルのカウントフリープランの対象範囲は「外部リンクへの接続」以外はほとんどが通信料がカウントされないといっていいでしょう。とても便利ですね..!

生配信機能、メッセンジャーアプリはカウントされないなど一部の制約はあるもののやはり、SNSをよく使う方には便利なプランだと思います。選ばない手はないはずです。

ぜひ、SNSをよく使う方はLineモバイルを検討してみてはいかがですか!


Lineモバイル公式ホームページを見る→LINEモバイル