名称未設定1

Lineモバイルを申し込むと、一緒に購入できるスマートフォンといえば、「Blade E01」で決まりです。最大の特徴は1万円台で購入することができる点です!

Blade E01は、デュアルフラッシュ搭載の800万画素カメラに、5インチの大画面HDディスプレイを搭載した機種です。画面も大きいので使いやすいのがポイント!

Lineモバイル公式ホームページでは、13800円で同時に購入することができて、2台目のスマホとして人気を博しています。今回は、ZTEジャパンが販売している Blade E01 について解説します。

公式ホームページ:
LINEモバイル
 
 
目次
  1. Blade E01について
    1. ZTE Blade E01の価格とスペック!
  2. Blade E01のSIMスロット
  3. APN設定
  4. Lineモバイルでのスピードテスト結果
  5. Blade E01のメリット
  6. もし、Blade E01を購入するなら・・。
  7. まとめ


☑ZTE Blade E01について

無題
ZTEジャパンから販売されているSIMフリーのスマートフォンである Blade 01 は、2台目のスマートフォンとして人気があります。価格も13800円とかなり安いです。

日本市場に出回っているスマートフォンの中でも1万円程度で購入できる珍しいスマホであり、デュアルフラッシュが搭載された800万画素カメラが非常に良いです。

もちろんLINEモバイルにも対応しているので、格安SIM初心者の人でも安心して使うことができます。

ZTE Blade E01の価格とスペック!


機種名 :BLADE E01
メーカー :ZTE
OS :Android 5.1
ディスプレイ :5インチ HD IPS
プロセッサー :(CPU)MT6735P , Quad-core 1.0GHz (GPU)MaliT720MP1
RAM・ROM :1GB・8GB
カメラ :(背面)800万画素、AF、デュアルフラッシュ (フロント)500万画素
バッテリー: 2200mAh
周波数・対応バンド :LTE: B1/B3/B8/B19 UMTS: B1/B6/B8/B19 GSM: Quad
機能: WIFI 802.11b/g/n BT4.0 GPS/AGPS 加速度センサー、近接センサー、光センサー、コンパス
周辺インターフェイス: 3.5mm Earphone Port, 5Pin Micro USB, Dual Nano SIM, 専用MicroSDスロット(32GB)
主な付属品 :USBケーブル、ACアタプター、クイックガイド、保証書
本体サイズ :142.5×71×7.8 mm 約155g
 
ZTEジャパン BLADE E01は、初心者向けのスマホなのでスペックは低めになっています。普通に使う分にも、メールやSNSのチェックぐらいの使用頻度なら充分です。

SIMフリーであるので、格安SIM初心者でも安心して使えます。「スマホも格安SIMもいまいち分からない..」という人は、BLADE E01を使ってみてはどうでしょう。

安価で購入できるオススメのスマートフォンになっています。

☑Blade E01のSIMスロット

ここからは、SIMカードの取り付け方法を説明します。私はLINEモバイルで使用しているので、使っているSIMカードはLINEモバイルを使用しています。

まずは、Blade E01からSIMトレイを取り出します。取り出し方は細長いピンを押し込んで、中身を引き抜けば取り出せます。

名称未設定2

中身を取り出すと、SIMトレイには2つのスロットがあります。どちらもnanoSIMをセット用の大きさになっています。

SIMカードを2枚セットしても、「設定」で切り替えができるようになっています。しかし、使わないケースの方が大きいので、私は片方のみしか使っていません。

名称未設定1



☑APN設定


Lineモバイルは2016年に始まったサービスのため、通信設定を行う必要があります。端末にもよりますが、「Blade E01」はAPN(アクセスポイントネーム)を設定します。

具体的には「メニュー画面 > 設定 > もっと見る > モバイルネットワーク > アクセスポイント名」の画面から右上の+マークを押します。


Screenshot_2017-04-02-20-31-00


Lineモバイルサービス開始後に発売されたSIMフリーのスマートフォンであれば、LineモバイルのAPNは登録されている可能性があります。しかし、それ以前の場合は、自分でAPNを登録する必要があります。

自分で、以下のAPNを入力して登録すると使えるようになります。
名前:LINEモバイル
APN:line.me
ユーザー名:line@line
パスワード:line
認証タイプ:PAPまたはCHAP
登録の方法はアクセスポイント名の編集画面へ行き、それぞれのところで入力、編集を行ってください。上記以外の部分は触らないように注意してください。


Screenshot_2017-04-02-20-31-15



Screenshot_2017-04-02-20-31-23


☑Lineモバイルでのスピードテスト結果

今回も端末スピードテストでテストしてみました。時間帯は夜中の平日23:00です。

image

結果としてダウンロード、アップロードの速度は十分でした。Ping(インターネットの速度)は236.8msです。これはかなり遅いです。(格安SIMの場合は30ms~60msくらいが普通。遅いと100msを超えることもあります。)

☑Blade E01のメリット

機種のところでも書きましたが、Blade E01はデュアルフラッシュが搭載された800万画素カメラに5インチの画面で、2台目のスマホとしての性能は良いです。

今回は、「コミュニケーションプラン」で検証を行っていますが、「MUSIC+プラン」「Lineフリープラン」でも使えるマルチキャリアです。

まとめてみるとBlade E01を使うメリットは以下の通りになりました。参考にしてみてください。


Blade E01のメリット
☑デュアルフラッシュが搭載された800万画素カメラ
☑5インチの大画面
☑2台目のスマートフォンにピッタリ



☑もし、Blade E01を購入するなら・・。

もし、Blade E01を購入するのであれば、Amazonで購入することをオススメします。Lineモバイルでは13800円で売られているのに対して、amazonでは、9000円前後から売られています。

価格差で実質4000円前後違ってきますね。10000円以内でSIMフリーのスマートフォンが持て、Amazonではエントリーパッケージも同時に購入することができるので、サクッと申し込みが可能にあります。

そのため、Amazonでの購入をオススメします。


AmazonでZTEの Blade E01を見てみる→Blade E01

☑まとめ

2台目スマートフォンとしてオススメのBlade E01をLineモバイルのコミュニケーションプランで検証してみました。もちろん動作は問題なく、通信できましたし、Blade E01の使いやすさを感じました。

Lineモバイルから出ている端末で10000円前後でスマートフォンがほしいなー、と思う人はAmazonでの購入を検討してみてください。エントリーパッケージと同時に買ってしまえば、1週間後にはLineモバイルデビューできちゃいますよ。

価格帯を重視したい方にはBlade E01は断然お買い得なので、ぜひ参考にしてみてください。


Blade E01を同時に購入できるLineモバイルの公式ホームページはコチラ
LINEモバイル