41


携帯利用代金を大幅に節約できることが魅力的な格安SIM。今回は、格安SIMサービスの中でも、特に注目されている「UQモバイル」と「Lineモバイル」について解説していきます。

UQモバイルは、UQコミュニケーションが運営するサービスです。Wimaxや格安プランでスマホが持てることが魅力的なサービスを提供しています。

一方でLineモバイルは株式会社Lineが運営する格安SIMサービスです。Lineアカウントと連携できたり、カウントフリーというデータ量がカウントされないサービスが人気ですね。

そんな2つのサービスについて見ていきたいと思います。


コメント<本文の前に:キャンペーン情報>
 
Lineモバイルでは「春の新生活応援キャンペーン」と題して、2017/4/30(日)までに、音声通話SIM(データ+SMS+音声通話)で新規に利用開始された方全員の、初月分+6月と7月の月額基本利用料が無料になります!これ、かなりお得なので、チェックしてみてください。


Lineモバイルの公式HPを見てみる→LINEモバイル
 

 
  1. LineモバイルとUQモバイル
    1. 基本の価格設定は?
    2. 音声通話プランでは?
    3. 通信速度、回線速度はどうなの?
  2. サービスはどうなの?
  3. こんな人は絶対UQモバイル!
  4. まとめ

☑LineモバイルとUQモバイル

UQモバイルは、UQコミュニケーションというau(KDDI)の子会社が運営しています。また、LineモバイルはLine株式会社が運営していて、docomoの回線を使用しています。

KDDIの子会社だから受け入れられるメリット、価格などがあります。その反対に、Lineだからこそのメリット、デメリットもあります。



☑基本の価格設定は?

まずは、UQモバイルの価格設定がコチラ。注目して頂きたいのは、月額料金の比較についてです。月のデータ量3GB、5GB、7GBの料金設定を比較していきます。

無題

これだけ見ると、「Lineモバイルの方がいいね!」ってなると思いますが、Lineモバイルには「通話かけ放題」のプランはありません。そのため、電話をするのであれば、通話料金 20円/30秒の音声プランを別で選ぶ必要があります。


その点、UQモバイルには、始めから以下のプランが付与されているプランがあります。

・最初の1年間は1000円引き
・電話は5分なら何度でもかけ放題
・2年間はデータ量が2倍
 
最初の1年間の割引が大きいのです。この割引を考慮してみても、UQモバイルはかなり高いです。最初から電話料金が含まれている事をどう捉えるかがポイントだと思います。


UQモバイルの公式HPで確認してみる→UQモバイル


☑音声通話プランでは?

Lineモバイルでは、データSIMプランに+580円で音声通話が楽しめるようになります。しかし、あくまでも通話料金 20円/30秒の料金がかかります。

その点、UQモバイルは、「電話は5分間、何度でもかけ放題」というオプションがプランによってついています。ただ、みなさん普通の音声発信の電話って使うんですかね? 最近はLINE電話で済ませてしまう人が多いような気がしますし、LINEを使いこなす方が安いです。



☑通信速度、回線速度はどうなの?

UQモバイルとLineモバイルの2つの通信回線の速度はどうでしょうか。SIMカードの方は、Lineモバイルがdocomo、UQモバイルがau(KDDI)の通信回線を借りて運営しています。

基本的には、auの回線を使っているUQモバイルのほうが回線速度が速いのですが、Lineモバイルもできたばかりのサービスなので、回線速度は比較的早いほうです。


ポイントは、他の全ての格安SIMの特徴ですが、昼間の通信速度が落ちる傾向にあります。測定値としては、1Mbps以下になるので、インターネットの閲覧もちょっと厳しいくらい。

一方でUQモバイルもLineモバイルも12:00台も含めて、どの時間帯も5Mbps以上は必ず出ています。UQモバイルは、値段が高い分こういう通信速度では定評があります。


(利用者が少なければ少ないほど、回線速度が速い傾向にあります。これは利用者同士で回線枠を取り合うためです。)

回線速度に関しては、どちらも及第点です。あとは、月額費用、後述するサービスの違いで格安SIMを選んでみてください。


☑サービスはどうなの?

端末とセットで購入することができる格安SIMですが、契約先によって選べる端末が決まってきます。例えばUQモバイルは、iPhone5sを始めとし、10種類を超えるAndroid端末から選ぶことができます。Lineモバイルのほうは、iPhoneは選ぶことができず、6種類前後のAndroid端末しかありません。好みの端末があるなら良いのですが、端末の自由度はUQモバイルに軍配が上がります。端末とセットで契約することによって、端末代金が実質0円になったり割引になるサービスなので、新しいスマートフォンが欲しい場合は、このサービスを利用すると良いでしょう。注意して頂きたいのは、UQモバイルはAu回線を利用した端末を使っていて、Lineモバイルはドコモ回線を利用した端末を使っているということです。例えば、UQモバイルが販売しているAndroid端末であるAQUOS Lは、Au回線を効率よく使えるような周波数に設定してあります。この端末を手にいれた後に、ドコモ回線を利用している格安SIM業者と契約しても、満足する回線速度が出ない可能性があるのです。そういったことを踏まえて、Au回線を使っているUQモバイルが良いのか、ドコモ回線のLineモバイルかを、選んでみてください。また、LINEを利用する人はLineモバイルを選んだほうが良いかもしれません。LINEは、どの格安SIMでも利用できますが、一部の格安SIMでは、LINEの機能が一部制限されてしまいます。制限される機能は、IDを使ったユーザー検索機能。主に友達を検索して、友達登録に使うこの機能ですが、Lineモバイルなら自由に使えるものの、UQモバイルでは使うことができません。そのことを考慮にした上で、よく考えて好みの格安SIMを選びましょう。
 

☑こんな人は絶対UQモバイル!

Lineモバイルはカウントフリーなど魅力的なサービスがありますが、こんな人はLineモバイルをオススメしません。それは、「銀行振り込みなどに、キャリアメールが必須な人です」

キャリアメールアドレス(@docomo)などは、セキュリティー面で銀行の振り込み、IDの登録に求められることがあります。

Lineモバイルの場合は、docomoの回線を使っていて@docomoのようなキャリアメールは使えません。一方、UQモバイルのメールアドレスはキャリアメールアドレスの指定に入っています。

そういった観点から、キャリアメールアドレスが必須な人は、UQモバイルを選ぶべきだと思います。


☑まとめ

ちょっと内容が盛りだくさんですが、それぞれの違いについてお伝えしました。docomo、auについての格安SIMでもわかってもらえたと思います。

最後に、SNSを良く使うのであれば、Lineモバイルが有利であり、電話をよく使うならUQモバイルで決まりです!