rakuten-super-point-line-point-599x300

Lineモバイルの支払いを行うともらえるのがLineポイントです。同様に、楽天モバイルの支払い時にも楽天ポイントが付いてきます。

「一体、どちらの方がお得なのだろうか....!」

そんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。この記事では、Lineポイントと楽天ポイントのどちらがお得なのか掲載しています。

ポイントの使い道で悩んでいる人、楽天モバイルとLineモバイルのどちらにするのか悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 
 

  1. LineモバイルのLineポイントとは?
    1. Line(ライン)モバイルの、Lineポイントとは
    2. Line Payカードとは?
  2. 楽天モバイルの楽天Edyとは?
    1. 楽天モバイルとは
    2. 楽天Edyとは?
  3. 楽天ポイントとLineポイントを比較する
    1. Lineモバイルと楽天モバイルのメリット・デメリット
  4. 楽天モバイルとLineモバイルの料金プランの違い
    1. 料金プランの比較
    2. 料金から還元されるポイントの比較
  5. 還元されたポイントの使い道
    1. 楽天ポイントの使い道
    2. Lineポイントの使い道
  6. 結局、どちらの格安SIMがお得なのか・・・。

☑LineモバイルのLineポイントとは?

Line(ライン)モバイルの、Lineポイントとは


Lineモバイルとは、Line株式会社が運営している格安SIMのことです。特徴として、Lineアカウント1つで連携することができ、Lineでデータ量の確認やヘルプ機能がLineのトークでできる。

また、カウントフリープランでは、TwitterやFacebook、LineミュージックなどSNSが無料になるプランが魅力的だ。価格も安く500円から持てるプランも用意されている。

Lineモバイルのお支払い100円ごとに1ポイントのLineポイントがもらえます。1ポイント1円として換算できるというのがLineポイントの特徴です。

また、チャージして使えるプリペイドクレジットカードのLine Payカードと繋がっているのも魅力的です。


Line Payカードとは?


20160325_LINEPayCard4type


LINE Pay カードとは、Lineが発行しているプリペイドカードです。クレジットカードのように使え、チャージして使える電子マネーです。

インターネット、コンビニやスーパーなど国内外のJCB加盟店約3,000万店舗でクレジットカードと同じように利用できます。入会金、年会費は無料です。なんと、ご利用金額100円毎に2ポイント付きます。


☑楽天モバイルの楽天Edyとは?

楽天モバイルとは


楽天モバイルとは、株式会社楽天が運営している格安SIMの会社です。「通話かけ放題」が魅力的で、1980円からプランが用意されています。

Lineモバイルのような500円からという格安値段ではありませんが、お支払いに楽天ポイントが使える点があります。普段のお買い物で貯まったポイントを使うことも可能です。

楽天モバイルはお支払い100円につき1ポイントの楽天ポイントが貯まります。こちらも1ポイント1円から使うことができるのが特徴です。

また、楽天ポイントは楽天Edyにチャージして電子マネーとして利用することができます。

楽天Edyとは?


img_point01

楽天カードとは、楽天の発行しているプリペイド式のカードです。Line Payカードとは違い、チャージしてもクレジットカードのようには使えません。その代り、全国のEdyのマークが付いているお店で使うことができます。こちらは、200円ごとに1ポイント付きます。

クレジットカードのように使えないですが、チャージしてEdyのお店のみ利用可能の電子マネーというのが、LinePayカードとの差になります。


☑楽天ポイントとLineポイントを比較する

Lineモバイルと楽天モバイルのメリット・デメリット


楽天ポイントとLineポイントの両者を比較してみましょう。それぞれには、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。


Line(ライン)ポイントのメリット・デメリット
メリット
1ポイント1円から使用することができる
Line Payカードと連携でき、クレジットカードとしても使える


デメリット
Lineアカウントがなければいけない
 



楽天ポイントのメリット・デメリット
メリット

1ポイント1円から使える
楽天Edyと連携でき、全国のEdyの使えるお店で使える


デメリット
楽天Edyはクレジットカードとしては使えない
楽天アカウントがなくてはいけない
 

楽天ポイントとLineポイントには大きな差はないようです。「自分は楽天派か?Line派か?」という好みの問題が大きな差になる気がします。


☑楽天モバイルとLineモバイルの料金プランの違い

料金プランの比較


では、楽天モバイルとLineモバイルのお支払い時に貯まる、それぞれのポイントについて比較しましょう。一体どちらの格安SIMがお得なのでしょうか。



Lineモバイルのコミュニケーションフリープラン
無題


MUSIC+プラン
無題




楽天モバイルの料金プラン
無題



5GBで比較してみると、Lineモバイルは音声通話とSNS使い放題で2220円です。プラス500円で、Lineミュージックも無料になります。

一方で、楽天モバイルの場合は、2150円で音声通話つきのSIMになります。また、楽天モバイルは5分間かけ放題になる点があります。

Lineモバイルも楽天モバイルも100円のお支払いで1ポイント還元されるので、実質それほど差はありません。 SNSをよく使うのか、音声通話をよく使うのかを見極めておくのがいいと思います。



Lineモバイルの料金について知りたい方は、以下のURLにプランの価格や概要が書かれているので参考にしてみてください。

Line(らいん)モバイルを使い始めて3か月。これまでの評価、初心者に伝えたいことまとめ【感想・レビュー】


料金から還元されるポイントの比較


Lineポイント、楽天ポイントの還元率を見てみると、それほど差はないものと思われます。ただし、Lineモバイルの「MUSIC+プラン」だと、2720円で、SNS使い放題、Lineミュージック聞き放題、音声通話アリになり、Lineポイントが27ポイントもらえます。

Lineミュージック聞き放題とは、Lineミュージックのみ、カウントフリーの対象となり、データ量に加算されません。音楽が好きな人であれば、お得感が増すプランになるのではないでしょうか。


公式HPでLineモバイルを見てみる→ LINEモバイル


☑還元されたポイントの使い道

楽天ポイントの使い道


では、楽天モバイルで貯まった楽天ポイントの使い道にはどのようなものがあるのでしょうか。その一例を見てみましょう。
楽天ポイントを使う一例

☑楽天ポイントをEdyに交換する
☑楽天の提供するサービスで利用する
(楽天市場、楽天トラベル、楽天mobileなど)
☑楽天ポイントの使えるお店で使う

※Amazonで利用する場合はEdyに交換してから専用のカードリーダーを利用する必要があります。

Lineポイントの使い道


Lineモバイルで貯まったLineポイントの使い道の一例をご紹介。下記の様な使い道があります。
Lineポイントを使う一例

☑Line Payカードにチャージする
☑Amazonギフト券、スタバeギフトに交換する
☑Lineスタンプの購入
☑Ponta、nanacoなどに交換する

☑結局、どちらの格安SIMがお得なのか・・・。

Lineモバイルで貯まったポイントと、楽天モバイルで貯まったポイントには「お得度」には差はありません。よく、楽天で買い物をするのであれば、楽天モバイルでポイントを一律で管理するのがお得であるし、Lineスタンプを良く購入するのであれば、Lineモバイルでポイントを一律で管理するのがいいです。

ただし、楽天ポイントとAmazonの買い物の際の相性はかなり悪いです。楽天のカードリーダーを購入しなければ、楽天ポイントでAmazonでの買い物はできません。

その点、LineポイントはAmazonギフト券に交換できるのでAmazon派の人は、Lineモバイルがオススメです。

還元率、使い道に差はありませんので、どちらで迷っている方はこの記事をブックマークして、参考にしてみてください。