d1594-651-716403-1

2017年3月14日にLineモバイルの記者会見がありました。これまでLineモバイルは電話のオプションが弱いという部分がありましたが、今年から「定額通話」のプランを盛り込むというものです。今でもかなり格安で魅力が溢れていますが、今後かなり期待できそうです。

今回は、プレスリリースの内容とまとめと、実際にLineモバイルを使っているユーザーとしての感想をまとめていきたいと思います。


 
 
  1. 1. 一番のニュース:「通話定額」について
  2. 1-1. 簡単な目次を作る
  3. 1-2. CSSを設定する
  4. 1-3. 階層構造のの目次を作る




☑一番のニュース:「通話定額」について


サービスをリリースした2016年から、Lineモバイルは音声について展開してきませんでした。そのため、Lineモバイルで音声通話を行うのであれば、「Lineで友達同士で無料通話を行う」か、「30秒20円」の音声プランに申し込むしかありませんでした。

しかし、ビジネスの場面では、090、080の番号は必須ですし、お店の電話番号もLineで通話する場面はありません。今までのLineモバイルでの通話はあくまで個人間が当たり前でした。

この「電話オプションに弱い」という欠点を克服するために、Lineモバイルは2017年の夏から「通話定額」を提供するというプレスリリースがありました。電話が欠かせない人にはうれしいニュースです。


☑音楽カウントフリー

無題

現在の「MUSIC+」のプランの中には、以下のカウントフリーが含まれています。

Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)
Lineミュージック
Line(ライン)


いくつかの音楽アプリをカウントフリーにするという機能を2017年の夏ごろからスタートするそうです。音楽が好きな人にはたまらないのではないでしょうか。

「MUSIC+」のプランとは、Twitter(ツイッター)、Facebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、Line(ライン)に加えて、Lineミュージックもカウントフリーの対象になるプランのことです。

2017年の夏ごろから、Lineミュージック以外の音楽アプリもカウントフリーになる予定です。おそらく対象は、「spotfy」や「AWA」が無料になるのではないかといわれています。


☑Lineモバイルの満足度は93%

現在のLineモバイルでは、顧客満足度は93%を記録しています。Lineモバイルユーザーの僕も「とても満足」しています。そう感じるポイントは以下の3つです。
めっちゃ安い
SNSがカウントフリー
Lineでデータ量がワンタッチで確認できる
特に、通信速度が速いことも、お客様の満足度に良い影響を与えています。サービスが開始された頃から、とにかく速い。(黄色は5Mbps未満、緑は5Mbps以上)

2016122013

この速さを保ちながら、SNSが無料で使えて、Lineアカウントだけで抜群に使いやすくなります。とにかく使い勝手が素晴らしすぎます。

また、Lineモバイルは100円につき、Lineポイントが1ポイント貯まります。これは、1ポイント1円で使え、貯まったポイントはAmazonギフト券やLineスタンプなどと交換することもできます。

☑今後のLineモバイルの進化

現状でも使い勝手がよすぎますが、これからもどんどん進化を遂げることと思います。特に「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象の見直し、定額通話プランの導入は大きいものと思います。

定期的に